Heath Hill Scottish Terriers

 

☆NEWS  

 

☆Stud Dog&Bitch

 

☆仔犬情報  

 

犬舎の基礎を築いた犬達

 

☆Breedingの方針

 

☆作出したスター犬達

 

外国からのGUEST

 

創立100年展観戦記

 

 
Yahoo!ジオシティーズ

 

☆スコットランド スコッチテリアクラブ創立100周年展 観戦記

1988年8月27日、グラスゴー近くの格式ホテルの庭にて、クラブ創立100周年展が行なわれた。

審査員は、STCスコットランドの名誉会長であり、名門ヴューパーク犬舎主でもあるMr.アーチーマクラーレン氏が担当された。当時の有名犬が数多く出陳された。

  審審査員Mr.アーチーマクラーレン氏(帽子の方)と娘であるMrs.マクラクラン夫妻

 

  賞品の数々、左端の日本人形は私からのベストパピー副賞に。ベストパピーは9ヶ月のタムジンエスカイヤー。本犬は英国CHとなり、後に日本に輸入された。

 

<BIS戦>   前がHot Gossip at Feregait(11ヶ月メス)、後はPendlehill Ian(オス・Eng.CH.ケネルガース.ロメオの息子)

 

<BIS決定の瞬間>   男性ハンドラー BOB.Hot Gossip at Feregait(メス)     女性ハンドラー BOS.Pendlehill Ian(オス)

 

   BIS.犬 Hot Gossip                         私方のEng.CH.テリーの父犬はFeregaitであり、本犬の流れを汲む。

 

   BOS.Pendlehill Ian(当日、英国CH完成)            私方のInt.CH.ツイスト&シャウトとInt.CH.プレイボーイの母方の祖父犬である。

 

<ショーのスナップより>   スカートの男性、Mr.フォーコーナーと10ヶ月のオス、ウィルジョイ.ヒュー&クライオブスカリスタ(後に私の犬舎が輸入し、Int.CH完成し、日本のトウプサイアーとなる。)

 

<ディナーパーティー始まる>   正面は、ゲィウィン犬舎、オーエン夫妻。

 

<ディナーパーティー用のケーキ>

 

<滞在先のバーンヴューケネルにて、アフタヌーン・ビア>   Mr.アーチー.マクラクラン(KC.ジャッジ)と共に